スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ひだまつり 2~4時間テレビ レポート


☆☆☆
行けるかどうか微妙だった「超ひだまつり2~4時間テレビ」、結局行ってしまいました(^_^;)
場所はパシフィコ横浜、昔サザンの桑田さんのライブに行って以来です。

出演は

ゆの役の阿澄佳奈さん
宮子役の水橋かおりさん
ヒロ役の後藤邑子さん
沙英役の新谷良子さん
吉野屋先生役の松来未祐さん
乃莉役の原田ひとみさん
なずな役の小見川千明さん
エンディングのmarbleのお二人
(ボーカルのmiccoさんとギターの菊池達也さん。菊池さんはエンディングの作・編曲の方ですね)
原作者の蒼樹うめ先生
そして校長先生役のチョーさん

と、超豪華でした。

全体の構成は、キャストのトーク(お宝鑑定、お絵かきコーナーなど)と、主題歌&エンディング ×3を交互に回していく感じで、約4時間があっという間でした。

ちなみに鑑定コーナーでは、シャフトから実写パートに使われた「ゆのの時計」や「ブルータス(ちゃんと額に黒いポチがある)」などのお宝が出されたのですが、シャフトの方に鑑定のプレゼンターをお願いしたところ「それどころじゃない」と一蹴されたとか(笑)。

なんかトークを聞いていると、それぞれの声優さんのお人柄が感じられて面白かったですね。

阿澄佳奈さんは全編ノリノリで、もう5年10年と、ずっとこのままやってて欲しいなぁと思いました。仮に4期はないとしても、ラジオだけでも続けて欲しいですよね。

新谷良子さんは意外とマイペースなんですね。
お絵かきコーナーでは、画伯ぶりを発揮されていらっしゃいましたが、そのあまりにゲージュツ的な難解な作品を、パートナーである後藤さんが、ピタリと当てるという快挙もあって、お絵かきコーナーの覇者となられていました(笑)。

松来未祐さんはお歳のことでイジられてましたが、ちょっとおばさん感性ながら、スゴイお人柄の良い方なんだなぁというのが、にじみ出てましたね。
トークの間とかでも常に会場に微笑んでくれていらして、ホント良い人でした。

小見川千明さんは、ちょっと天然で、とっても女の子らしい方。先輩の後藤さんに頼ってます&阿澄さんにいじられてます&原田さんと手つないでます、という感じで、ホントに新入生って感じでした。
ちゃんと「スケッチスイッチ」のふりつけを覚えていらして、阿澄さん、後藤さんとキレイにシンクロしていたのは素敵でしたね。また衣装がとても眩しかったです。

原田ひとみさんは、MCの中で「リハーサルで皆さんと歌っていたら、ひだまり荘の仲間になれたんだと感じて」と涙ぐんでいらっしゃいました。
元々歌手活動をされていただけあって、歌はノリノリ(ちゃんと乃莉の腰ふりをやられてました)。ステージで歌える喜びが全身から溢れていましたね。乃莉や姫路さんのキャラソンが楽しみです。

後藤邑子さんはどんなトークも見事にまとめるという、流石のお母さんぶりでした。特に阿澄さん、小見川さんとホントに仲よさそうでしたね。
後藤さんはハルヒの方で、この会場より大きなイベントに出てるハズですが「素のままで大丈夫なイベント」ということで思い入れも大きかったようで、やっぱりMCで涙ぐんでいらっしゃいました。
後藤さんが「三年生のまま進学したくない」とおっしゃるのに対して、「じゃあ8月がずっと続くっていうのは」と突っ込まれていたのが可笑しかったです。

そして、なんといっても素晴らしかったのが、水橋かおりさん。黄色の衣装で登場し、終始冷静沈着、プロな感じでしたが、アンコールの最後最後で、なんと「たんけんぼくのまち」のチョーさんのコスプレで登場(黄色はこのため!)。
「NHKの人いませんよね」とか言いながら「たんけんぼくのまち」の主題歌をチョーさんと歌うという(^_^;)
「たんけんぼくのまち」大好きな私としては、水橋さんのクールな感じにシビレていた上に、このシンクロが重なって、もうチョーコーフンでした。

チョーさんも、阿澄さんとデュエットしたり、アンコールの間を持たせるために自作の「ゴミ収集車の歌」を歌ったりと大活躍。チョーさんは事前に出演の発表がなかったので、スゴイサプライズでした。
さらに、個人的にはちょうど昨日「刑事コロンボ」を見ていたら、新しい吹き替えパートにチョーさんが出ていて、「あ、チョーさん出てる」と思っていた矢先だったもので、タイムリーな生チョーさんに感動でした。

蒼樹うめ先生は、なんと「萌え属性のある原作者」というスゴイポジションでいらっしゃいました。
お姿もお言葉もお歌も天然に可愛らしかったです。基本的に「私なんか」という感じのスタンスで、恐縮されていましたが、それでも、ぐだぐだにならないように頑張っていらっしゃる感じがあって、ある意味「頑張り屋のリアルゆの」でしたね。

アンコールのラストは「スケッチスイッチ」のロングバージョン「スケッチスイッチ☆☆☆」(笑)。最後は会場全体大合唱で大盛り上がりでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。