スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまり王 一次試験 お疲れ様でした(^^)


☆☆☆

受験してまいりました。

なんか変わったイベントで、面白かったですね。
試験会場の装飾とか気になっていたのですが、黒板に文字のみという、リアルな試験会場でした。
アニプレックスや関係者の皆様も、スーツにネクタイという、まさに試験監督な感じで、雰囲気ありました

(ちなみに筆記用具は忘れても大丈夫でした。「ねりけし」で挑戦する人がいるかなぁと思いましたが、さすがにいなかったようですね(笑)

お馴染みのゆまさんも、当然司会として登場。
この方が登場するだけで盛り上がるのですから、ホントにモテモテですよね。

サプライズゲストは、「×☆☆☆ 特別編 後編」の画像がいっぱい載っていた方でした。なるほど~確かに先生ですもんね。朝からご出演ということで、ホントにお疲れ様でした。

そして、問題ですが……これは事前に告知されていた通りの内容でした。

ネット上では難しいというつぶやきも多かったですが、アニメだけでもちゃんと勉強すれば、50~60点はとれると思います。ラジオやイベントに詳しければ、さらにドンで80点はいけちゃうかもしれません。おそらく100点の方も、それなりにいらっしゃるんじゃないでしょうか。64名に残るのは90点代じゃないと難しそうですね。
(私はアニメと原作オンリーなので、ラジオは全く分かりませんでした(^_^;)

何故、ちゃんと勉強すれば得点可能かといいますと……こういう問題って、よく数字系の意地悪があるのですが(例えばヒーローものクイズだと「○○光線は○万度」とか)、
そういう、単に数字を覚える系の問題とか、絶対分からない系の問題
(例えばトレカの何番は何とか)
みたいなのは、あんまりなかったので、作品の内容をちゃんと把握していれば、結構大丈夫じゃなかったのかと。
『どこでもすごろく×365』の問題もなかったですし(笑)

ネットで他の回の問題を見ると、6パターンの問題にムラがないように作られているようですね。特に最初の方のメインキャラの部屋関係、メインキャラの声優、サブキャラの声優、といった簡単な問題は一緒でした。あと、メインスタッフの役職を答える問題とか。
その辺りは非常に丁寧ですね。流石公式ガイドブックを作られたスタッフさんの労作だと思います。いずれ6パターン全部を見てみたいです(公式ガイドブック2に全部掲載とか、やって欲しいです)。

大阪がまだなので、ということらしいのですが、ネット上にはまだ問題がそんなに落ちていませんね。
ただ、問題が分かったところで、あんまり有利不利はないように思います。会場でも問題をアップしないで下さい的な注意は特になかったですし。

ちなみに今回の受験者は1500~1600名だそうです。イベントとしては、良いのか悪いのかよく分からないのですが、特にゲストの告知もなく「ひだまり」というだけで、これだけの参加者があるというのは、やっぱり根強い人気がある証拠じゃないですかね
(女性参加者もチラホラいらっしゃいました(^^)

ちょっと気が早いですが、ひだまり王の栄冠は誰にって感じですね。
ひだまり王の知識がスゴイことは、勿論ファン一同で素直に讃えたいですよね。一方で讃えられるひだまり王も、テスト形式の知識では一番になりましたが……的なスタンスでいてくれるといいなぁと思ったりします。
当たり前のことですが、テストでは測れないところで、ファン一人一人にそれぞれ測り知れない「ひだまり愛」はあるわけですしね(^^)

「オレ最強、ドヤ顔」みたいなひだまり王は、あんまり「ひだまりスケッチ」らしくないのかなぁと
(そういうことは絶対ないと思いますが(^_^;)

何と言いますか、イベント的な盛り上がりと、みんなが笑顔のアットホームなひだまりの雰囲気の両立が、難しいのかもしれませんね。イベントを企画されている側のご苦労を感じます。

ともあれ、スタッフの皆さんも、参加者の皆さんも、お疲れ様でした。
引き続き大阪も、頑張って下さいませ。

結果発表は10月15日に公式HPにて。
一次突破の64名にはメールでも通知が届くそうです(チケットの番号で追っかけられるんですかね)。
決勝の会場は横浜BLITZだそうです。


スポンサーサイト

コメント

1. お疲れ様でした


本日第一回で受験してきました。
ここのブログを以前から拝見してまして、掲載された数々の豆知識が結果的に試験に大いに役立ちました。
どうもありがとうございました。

僕ももう少し意地悪な問題がくると身構えていたので、問題は「やや難しい」どまりな印象です。
本編ばかり気にしてたので、製作スタッフ様方の役職などの問いはてんで答えられませんでしたが……裏を返せば、それ以外で本編のことは「ひだまらーなら答えられて当然!」(ちょっと大げさですね)みたいな感覚でしたね。

ひだまりスケッチの一ファンとして、こういったイベントが催されることは嬉しい限りです。
今後も色んな企画で楽しませて貰いたいですね。

2. 無題


コメントありがとうございます。つたないブログでお恥ずかしいのですが、何かのお役に立っておりましたら幸いです。

私も原作サブタイトルで「ノリえもーん」を注目していましたら、4回目の問題になっていまして、びっくりしました。勉強しておくものだなぁと(^^)

終わってみて、意地悪い問題は、決勝にとってあるのかなぁと思いました。
赤組白組の得点とか、ゆののお母さんの誕生日とか、宮子が何回「あけましておめでとう」を言ったとか、数字系は難しそうですよね。

昨日から「ガンダム」と「ポケモン」があるので、この話題がどこまでニュースになるのかですが、こういった変わったイベントでも1500人を集めるのは、やっぱり根強い人気なのだと思います。

今後も楽しみですね。

3. 1週間ひだまり漬け


私も受験してきましたよ

さまざまな出題傾向を想定して
シャフトさんの「遊びネタ(黒板ネタなど)」を中心に予習したもの、裏をかき過ぎた結果ちょっとヤマを外してしまったようです
受験中は「もう少し○○をチェックしておけば…」と言う箇所がいくつもあり、
帰宅後自己採点をすると、さらにニアミスがポロポロ…
残念というか「悔しい」結果した
ぜひもう一度チャレンジしたいですね

ラジオは未チェックとのことですが、
担当ディレクターさんが直々に問題を作成されていることもあり、
ニヤリと出来る問題ばかりでしたよ
こちらもひだまりスケッチのもう一つも魅力ですよね

4. Re:1週間ひだまり漬け


>通りすがりさん

遅レスで申し訳ありません。確かに出題傾向が掴みにくい感じはありましたよね。終わってみて、なんだそういうことか~と思われている方も多いみたいですね。

個人的には、色々見直すことで、改めて気付いたことも多く、良い機会だったなぁ、というのが実感です。

それにしても、皆さんの「ひだまり」知識はホントにスゴイですね。軽々に「こんなことありましたよ」的な記事が書けない感じです……(^_^;)

とはいえ、これからもお恥ずかしい記事は書いてしまうと思うのですが、そこは、笑って流していただくか、どんどん突っ込んでいただけますと幸いです(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。