スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未アニメ化エピソードまとめ

「×ハニカム」で続々と未アニメ化エピソードがアニメ化されて、嬉しい限りですね。
(って、まあ当たり前なんですが^^;)

未アニメエピソード&ハニカムアニメ化エピソードまとめです。
コミックスになってない最近のストーリーもアニメ化されてきましたね~(^^)

■5巻収録

『わくわく修学旅行の巻』(1話「5月6日~15日 せまい日本 そんなに急いでどこへ行く」)

『ドキドキ修学旅行の巻』(1話「5月16日~18日 どこでもでっかいど~」2話「5月18日~19日 上からゆのさま」)

『一方その頃ひだまり荘の巻』(1話「5月16日~18日 どこでもでっかいど~」2話「5月18日~19日 上からゆのさま」)

『お姉ちゃんだったのですねの巻』

『私もやってみたーい♪の巻』

『ラムールゲットだぜ!の巻』

『なずなさんシクシックの巻』

『文学日和の巻』

『ゴッド・ゆのっちの巻』

『オシャレ大爆発の巻』

■6巻収録

『夏休みダラケゆのっちの巻』

『やっほうディスティニーランドの巻』

『センセーたちのお手伝いの巻』

『ポメ襲来の巻』

『受験生の夏休みの巻』

『ホッパマンおもしろかったよの巻』

『夏休み最後の来訪者の巻』(3話「8月31日 夏休み最後の来訪者」)

『語呂あわせで逃げろ!の巻』 (3話「9月1日 おかしもち」)

『ドキッ! 水泳大会の巻』(4話「9月15日 勝利のシャッターチャンス!! 勝つのは宮子だ!!」)

『やまぶき祭パンフコンペッペの巻』

『ヒロさんの巻』(6話「9月29~30日 ヒロさん」)

■以下単行本未収録(7巻収録予定)

なずなのお料理回 2011年7月号 (5話「9月17日~19日 ナズナゴハン)

ゆのと宮子回(嘲笑するゆの) 2011年8月号(6話「9月25日おしゃべりスケッチ」)

乃莉と紗英回(ポニテ乃莉) 2011年9月号(5話「9月28日 マヨナカノリスケ」)

海水浴、クラゲ回 2011年10月号

体育祭回(乃莉学ラン)2011年11月号

有沢先輩とデート回 2012年1月号

やまぶき祭準備回 2012年2月号

やまぶき祭(ゆのと宮子フォークダンス) 2012年3月号

ひだまり荘版人生体験ゲーム 2012年4月号

試験前の雪(ここから冬服) 2012年5月号

智花来襲(智花、ついに原作にも登場) 2012年6月号

クリスマス(夏目、ひだまり荘へ) 2112年7月号

みんなで年越し 2012年9月号

七草粥 2012年10月号

なずなが学校案内のモデルに 2012年11月号

ヒロさんの受験日 2012年12月号


仮に全12話とすると、だいたい原作の2話分でアニメの1話分なので、
残りの6話で原作の12回分がアニメ化される感じでしょうか。
その後、特別編で+2話(原作4回)ですかね^^;

それにしても、早くも9月のカレンダーがキツキツになってきてますね^^;

なずなのホームシック、ラムール、ディスティニーランド、ポメは是非とも見たいですね~。

気になるのは智花と夏目なんですが、今の感じですと、智花は原作登場編をやってくれそうな気もします(^^)
あとクリスマスの回は、アニメを含めての夏目のフィナーレという感じなので、こちらも期待なのですが
(特別編という手もあるかとは)。
あと有沢先輩がどうなるのか^^;

原作は沙英とヒロの受験もいよいよ佳境なので、二人の卒業までアニメ化(5期^^;)されるといいなぁと思います。
 

ひだまつり 開催決定!!

なんと的中^^;

ひだまつり 3月3日 武道館 だそうです。

公式でもつぶやかれてますが、
ハニカムのBD1巻にチケット優先販売申込券が封入されるそうで、まずはそれをゲットというコトのようですね。

それにしても3月ですか。もしかしてホントに2クールなんですかね「×ハニカム」って^^;
まあ、1クールだとしても、この勢いですと、なんとなく特別編までは確定のような気もします。

第5話は、作画監督や☆☆☆の衣装デザインで活躍されていた潮月さんが絵コンテでした。
一年ズがとっても可愛かったですね~。

今回のエピソードの原作の7巻に収録される分なので、
コミックス派の方は、はじめてのストーリーだったかもですね。

来週はついにゆのっちの嘲笑が(^^) それとヒロさんの進路回です。
今週も後藤さんがご病気とは思えぬ大活躍でしたが、いよいよ来週が待望のヒロさん回ですね。

三年ぶりとは?

公式で謎の呟きが^^; 

三年ぶりっていうと、もしかして「ひだまつり」ですかね?
何にしても楽しみです。

きららキャラット 最新号 発売です

001.jpg

3号連続で「ひだまりスケッチ」の付録がつきます。今回はクリアファイルです。

本編はヒロさんの受験です。
ついに受験日まできましたね~。

全体にヒロさんの髪がイイ感じでした。筆が走っててステキです。

ページは少なめでしたが、良いお話でした。

小ネタ的には、宮子のゆのの部屋に住んでるぶりが、
またパワーアップしてましたね^^;

●過去記事、少し整理してます。申し訳ありません。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ タイトルバック

「ひだまりスケッチ」といえば、実写のスチールを背景に使うのが特徴ですが、「☆☆☆」は、ゆのの部屋やヒロの部屋など、「×365」で使われていたものがほとんどで、新作があまりありませんでした。

ただ、タイトルバックだけは、1期からの伝統を受け継いで、スチールによる一発ネタが展開されました。

というわけで「☆☆☆」タイトルバックの研究です。


☆☆☆

サブタイトルは原作から。
画像は「ち」のuno鉛筆で×を作って「ゆのっち」ですね。
さらにタイトルにあわせて赤くなってますね(^_^;)

☆☆☆
鉛筆は三菱の「uni☆star」です。

☆☆☆
「uni」にはグレードによって3種類あるそうで、この「master writing」は、uni☆starの称号ですね。

☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは原作から。
画像は、左の靴が「CVB」というメーカーのルームシューズです。
右が分からないのですが、おそらくこれもルームシューズだと思います。
新しいお部屋にようこそ、ってことですかね(^^)


☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは原作からです。
クイズといえば「アメリカ横断ウルトラクイズ」ということでしょうか。
実際のものとは星の大きさなどが違ってますね。
おそらくシルクハットをベースに画像加工で作られているのかと。

☆☆☆
サブタイトルは原作の引用ではなく、アニメオリジナルです。
画像はオリーブの枝ですね。写真を元にしているのでしょうか。分かりませんでした。

☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは原作の引用ではなく、アニメオリジナルです。
画像は検索していたら、こんなのがありました。まさに分岐点ですね。

☆☆☆

☆☆☆
タイトルは原作から。画像が加わることで胸囲のフェイクになってますね(^^)
画像は両面使えるメジャーですね。「1、2」と見えてる手前の方がインチで、裏がセンチだと思います。

☆☆☆

☆☆☆
タイトルは原作からです。
画像はトマトの双葉だと思います(下の画像は参考です)。

☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは原作からです(原作は「オンナノコのキモチ」です)
ゆのとヒロさんの気持ちに見えますが、原作からすると中山さんのことでもありますよね。
画像は上皿天秤用の分銅です。工業用の基準分銅は形がちょっと違うので、学校用のものみたいです。
(下の画像は参考です)

☆☆☆
16tonの元ネタは「モンティパイソン」ですよね(^^)

☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは原作からです。
画像は、お馴染みのクラーク博士像ですね。

☆☆☆
これはアニメオリジナルストーリーですね。
画像は高い空に、ピンクのハート風船です。

☆☆☆
風船言えばこんなのもありましたね(^^)


☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは原作からです。
画像はスバル360が四台。この車の愛称が「てんとうむし」なので、「なずなにてんとうむし4匹とまってたし」に合わせてなのだと思います。

☆☆☆

☆☆☆

☆☆☆
アニメオリジナル回です。うまいタイトルですね。7人目といえば智花、ということで、当時予告を見て盛り上がりました(^^)
画像はケーキカット用のプレートですね。
実は八等分ですね。

☆☆☆

☆☆☆

☆☆☆
原作からの引用ではなく、アニメオリジナルのサブタイトルですね。
「ひたぎクラブ」のパロディとして話題になりました。この回はひだまり荘の隣に謎の建物もありましたね。
画像はズワイガニのシルエットですね(画像は参考です)。テレビ版とBD・DVD版は別素材を使ってるみたいです。

☆☆☆


☆☆☆

これも原作からの引用ではなくアニメオリジナルのサブタイトルです。「やっぱり猫が好き」からでしょうか。
画像はナスです。米ナスっぽいですね(画像は参考です)

☆☆☆
アニメオリジナルストーリーで、うまいフェイクタイトルです。
画像はスプーンやお皿を使ったアンテナです。みさと先輩の「感性のアンテナ」のセリフに対応しているのだと思います。

☆☆☆
サブタイトルは原作から。
画像は石です。石英っぽいのです。

☆☆☆

☆☆☆
原作とは違うアニメオリジナルタイトルですね(原作は宮子以外の家を巡る描写はないので)。
オレンジ×各色ということでパレットですね。
画像は水墨画などで使う梅皿という陶器のパレットです。ゆのを真ん中にして吉野屋先生を入れて6人という感じでしょうか。さらに「梅」もかかっていて、素晴らしい画像チョイスだと思います。

☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは本編のクイズ名からですね。
画像は1962年に英国の Bell Punch社が発売した世界最初の電卓「Anita MK8」です。
この回は乃莉のパソコンのお話ですから、それに引っ掛けてだと思います。


☆☆☆

☆☆☆
サブタイトルは原作からです。画像は美術の勉強をされた方ならお馴染みの、石膏像・男の足ですね。

☆☆☆
原作通りのタイトルです。シンプルですがよいタイトルだと思います。
画像は桜です(^^)

☆☆☆

☆☆☆
アニメオリジナルストーリーで、面白いタイトルですね。このタイトルもアニメ雑誌などで発表された時は「リコピンって何?」と話題になりました。
画像はトマトです。これ元は5個なのですが、ひだまり荘の6人に合わせて、左端のトマトが右端に移植されてますね。細かいお仕事です(^^)

ネタといい、写真のチョイスといい、色のまとめといい、やっぱりセンスいいですね(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。